ピアノDVD教材

【特典付】海野先生のピアノ教本&DVD 【3弾セット】|「第1弾」体験レビュー

ピアノ 海野 レビュー

こんにちは。海野真理先生の「30日でマスターするピアノ教本&DVD 3弾セット(第1・2・3弾セット)」(以下【ピアノ3弾セット】又は【3弾セット】と書きます)を実践中の管理人かのんです^^

中高齢のピアノ初心者である私ですが、先日「第1弾」を終了し、たった21日で2曲も弾けるようになりました!

現在はさらなるステップアップを目指し、楽しみながら「第2弾」にチャレンジ中です。

このページでは、

・私かのんのピアノ挫折事件と再チャレンジの理由
・海野先生の【ピアノ3弾セット】を申込んだ理由
・3弾セット中「第1弾」の体験レビュー
・【かのん特典】当サイト限定【3弾セット】購入者プレゼント

などについて書いていきます。

「ピアノ初心者でも本当に弾けるようになるの?」

そんな疑問をお持ちのあなたにとって、私の体験レビューが参考になれば嬉しいです^^

⇒【かのん特典付】海野先生の「30日でマスターするピアノ教本&DVD 3弾セット」公式サイトはこちら

Contents

【Youtube動画1】14日目で最初の1曲「歓びの歌」が弾けた!

海野先生のピアノ教本DVDで練習を開始して14日目。
「第1弾」のレッスン曲1曲目、ベートーヴェンの「歓びの歌」。
弾けるようになりました^^

海野先生の編曲のおかげで名曲が弾けて感動。
まさに「歓びの歌」です^^

【Youtube動画2】21日目で2曲目「ジュピター」が弾けた!

「第1弾」のレッスン曲2曲目、ホルストの「ジュピター」。
ちょっと指使いが難しいところがありましたが、
何度も練習して弾けるようになりました^^

ちょっと元気がいいジュピターになってしまいました。汗

管理人かのんとピアノ挫折事件

体験レビュー掲載前に、まずは私かのんがどんな人物なのか、そしてピアノについてどんな思いを持っているのかを少しだけお話ししておきましょう。

現在私は北関東の片田舎で、夫とワンちゃん1匹と暮らしています。夫はサラリーマン、私は在宅で仕事をしています。

ピアノは、小学3年生の時に、親に無理を言ってヤマハ音楽教室に通わせてもらったことがあります。ところが、自ら切望したにもかかわらず、あえなく3カ月で挫折。

今から思えば、楽譜や音符のしくみが理解できなかったり、バイエルの単調な曲が面白くなかったりで、練習するのが辛くなってしまったんですね。

結局、ピアノ教室に3カ月在籍しただけで、ほぼ上達しないままバイエルの途中でやめてしまいました。

このピアノ挫折事件は、親にはあきれられるは、大きな挫折感を味わうはで、今でもトラウマになっています。汗

ピアノに再チャレンジしようと思った理由は?

それでも「ピアノを弾く夢」は捨てきれず、学生時代や社会人になってからも「いつかはピアノを再開したい」とずっと胸に秘めていました。

目が回るほど忙しかった生活がいくらか落ち着てきたのがやっと最近です。気が付けば50代、まだまだ若いと思っていたのにいつのまにか「中高年」と呼ばれる年齢になっていたではありませんか。

人生の折り返し地点もとっくに過ぎています。「いつやるの?今でしょ!?」。いえ、「今しかないでしょ!!」

というわけで、いい大人になった今から、かつて挫折したピアノに再チャレンジすることを決心したのです。

海野先生ピアノDVD教材【3弾セット】を選んだ理由は?

「ピアノ再チャレンジ」に当たり練習方法を模索して、最終候補に残ったのは次の3つでした。

(1)大人のピアノ教室に通う。
(2)市販のピアノ教本で独学する。
(3)ピアノのDVD付教本で独学する。

結局、「(1)大人のピアノ教室に通う」は、ピアノ挫折事件のトラウマから、また同じことを繰り返してしまいそうでやめました。この年になり変なプライドがついて、わからないことを素直に聞けない、すぐに忘れる、その場で理解できない、そしてまた挫折・・・そんなことが大いに考えられるので(大汗)。

「(2)市販のピアノ教本で独学する」は、実は過去にも3冊購入して試みたことがあるのです。料金的に低価格なのは良いのですが、文字だけですと今一つわかりにくくて・・。また私は元々視力が悪く、しかも最近は「老眼」が進んでしまい、「文字が小さい」というだけで本を見たくなくなってしまうんです。

最終的に選んだのが「(3)ピアノのDVD付教本で独学する」でした。

ネットで情報を集めているときに、「ピアノのDVD教材」というものが存在していることを知ったのです。「なるほどDVDねー!」私は目からうろこ。昔はDVDなんてなかったですからね。私がDVD教材に注目したのは次の5つのメリットです。

DVD教材の5つのメリット

◎自宅で独学できる
◎忘れても繰り返し見られる
◎間違っても恥ずかしくない
◎昼でも夜でもレッスンできる
◎1日5分でもレッスンできる

DVD教材を使えばまさに「自宅がピアノ教室」!ちょうど子犬を飼い始めたところで、なるべく外出したくない私の生活スタイルにもあっていました。

さて、そもそもDVD教材の存在を知ったきっかけは、偶然どなたかのブログで海野先生のピアノdvd講座の紹介を目にしたから。同時に海野先生の教材は、どうやら中高齢のピアノ初心者に高評価であるらしいこともわかりました。

海野先生の教材が良いらしいということは分かったのですが、今一つ確信が持てなかったため、公式サイトに顔写真付きで掲載されている「体験者の声」もたくさん読ませていただきました。

すると私よりも年配の方が何人も実践されているではありませんか。高齢者の方の体験談を拝見して、「これは私も負けていられない!」と俄然やる気がわいてきたのです。

ただ講座の料金が高めだったため、申し込みは少し躊躇しました。しかし、よ~く考えたら、「ピアノ教室に通う料金」と比較すると決して高くはないかなと。何度も繰り返して見られるのでむしろ安いかも。もちろん、ちゃんと実践しないとダメですけど。

最終決断を悩んでいたある日、ちょうどテレビで「ピアノは脳トレになる」「ピアノを弾くと認知症対策になる」といった特集が。それを見た私は、「ボケ防止のためにもピアノを学ぼう」とついに購入を決意!

【3弾セット】にする?【第1弾】だけにする?

海野先生のピアノDVD教材を購入することまでは決めたのですが、今度は【第1弾】だけにするか、それとも第1弾・第2弾・第3弾が入った【3弾セット】にするかという新たな悩みが発生。

じっくり考えた結果、「趣味でも地道にレパートリーを増やしていきたい」、「実力をつけて好きな曲を弾けるようになりたい」という気持ちが強くなり、最終的に【3弾セット】に決定!

決断したら早いです。すぐに私はスマホで公式サイトから申込みを済ませました。ちなみに、公式サイトでは「電話申込もできる」ようですよ。スマホやパソコンでの申込みが不安な方は、電話で申し込んだほうが楽ですね。

【かのん特典付】私が【3弾セット】を申込んだ公式サイトはこちら(電話申込可)

あとは教材が届くのを待つだけ。
楽しみに待ちたいと思います。

ピアノDVD教材が到着!

公式サイトから【3弾セット】を申込み、教材が届いたのはその2日後。早いです!気分が盛り上がっているうちに届いたのでますますやる気が出てきました。

(1)箱の中身を確認

まずは箱を開封して、中身を確認です。中身は、申込時点で各人異なります。

テキストとDVDは全員同じですが、特典は申込時の特典内容とあっているか、念のため確認しておきました。

(2)第2弾・第3弾のレッスン楽譜とDVDは箱に戻す

「こんなにこなせる?」
「何から始めればよいの?」

大量の教材を目の当たりにして少々不安に(汗)。でも「3弾セット」なので90日分の教材ですから量が多くて当たりまえ。落ちついて落ち着いて。

まずは第2弾・第3弾のレッスン楽譜とDVDは箱に戻しました。しばらく使いませんから。「指をスラスラ動かす練習曲集」と特典もさっと内容を確認してからいったん箱へ。必要な時に取り出そうと思います。

手元に残すのは、第1弾のDVDレッスンで使用する教材(テキスト・レッスン楽譜第1弾・DVD第1弾)のみ。

たった3点だけになり、パニックから解放!これでかなりほっとしました~。

それでは、さっそく【第1弾】分の教材を見ていきましょう。

最初に「教材」をレビュー。そのあと、実際にDVDを視聴しながら各レッスンごとにレビューしていきますよ。

「第1弾」教材をレビュー

第1弾のレッスンで使用する教材は次の3点です。
※赤い囲み内の3点です。

ピアノ 教本 海野
 

第1弾レッスンで使用する教材

(1)テキスト「30日でマスターするピアノ教本」
(2)DVD(第1弾)
(3)レッスン用楽譜(第1弾)

それぞれについてみていきます。

(1)テキスト「30日でマスターするピアノ教本」

ピアノ 教本 海野

テキストはA4サイズで、全部で140ページです。

「えっ?140ページも!?」という声が聞こえてきそうですが、大丈夫!

というのは、このテキストは第1弾だけでなく、第2弾・第3弾も共通して使用するテキストなんです。

レッスンはテキストのページ順に進んでいきます。
・第1弾:P1~P84
・第2弾:P85~
・第3弾:

だから第1弾の範囲は84ページまで。しかも各弾とも10レッスンに分かれていますから、1回に進むページはびっくりするほどでもありません。

それから、上のテキストの写真、いかがですか?
文字や図解が大きいですよね?

内容も初歩の初歩から書かれています。
これならピアノが初めてでも大丈夫そうでしょう?

安心されましたか?

(2)DVD(第1弾)

ピアノ 教本 海野

DVDは1枚で、収録時間は112分です。

一気に見ようとすると2時間近くあり大変ですが、やはり10レッスンに小分けされていますから、1回当たりは短時間ですよ。

各レッスンのテーマ、収録時間、テキストの範囲をまとめておきますね。

■ピアノ教本海野先生 DVD(第1弾)内容
ピアノdvd 海野
※収録時間とテキスト範囲は管理人調べ。誤差がある場合はご容赦ください。

1回づつは短時間なので、スキマ時間で少しずつ進めていけます。

(3)レッスン用楽譜(第1弾)

ピアノ 教本 海野
 

収録曲は2曲

(1)「歓びの歌」ベートーヴェン作曲⇒いわゆる「第九」と呼ばれるあの名曲です。年末になるとあちらこちらで耳にしますよね。

(2)「ジュピター」(組曲惑星から木星より)ホルスト作曲⇒平原綾香さんの透き通った歌声が素晴らしいあの歌の元となった楽曲です。

楽譜にドレミと指使いが書いてある!

海野 ピアノ
 
1曲について次の3種類の楽譜があり、習得レベルにあわせて徐々にステップアップできます。

(1)「ドレミ付き楽譜」
(2)「指番号付き楽譜」
(3)「マスター楽譜」

最初は「(1)ドレミ付き楽譜」からスタート。音符にカタカナで「ドレミ」が振ってあります(指番号も振ってあります)。これなら音符が読めない人でも安心です。

慣れてきたら「(2)指番号付き楽譜」へ。「(1)ドレミ付き楽譜」から「ドレミ」だけとって、指番号だけが書かれた楽譜です。

最後に「(3)マスター楽譜」です。指番号もなく、ただの音符だけの白い楽譜です。マスター楽譜で弾けるようになれば1曲マスターできたことに。

実際にレッスンを受けてみて、自分の習得レベルに合わせて3種類の楽譜が用意されているのは、なかなか良かったですよ。指使いをどのくらい理解できたかが自分でわかるので重宝します。

以上、第1弾使用教材についてのレビューでした。

さて、いよいよDVDのレビューをしていきますが、その前に「レッスンの進め方」について書いておきますね。

レッスンの進め方について

レッスンの進め方は、簡単に言うと「DVDを見る⇒ピアノを弾く」です。

次の写真はDVDケースの裏面の一部ですが、ここに「レッスンの進め方」がわかりやすく書かれています(↓)

ピアノ dvd 海野

「このDVDをメインにレッスンを進めてみてください。レッスンの中で「テキストの〇ページを見てみよう」というテロップや先生の話が登場しますので、その際はテキストを開いて一緒にご覧ください。」【出典】海野先生が教えるピアノ講座 DVD 第1巻

真面目なあなたは「最初にテキストに全部読んでから」などと思っているかもしれませんが、それだと挫折しかねません。

教材到着後、まずはDVDを見てみる!それがいきなり挫折しないコツですよ。

海野先生ピアノ教本DVD講座「第1弾」体験レビュー

いよいよDVD講座のレビューをしていきます。DVDは10レッスンに分かれていますので、1レッスンごとにDVDの概要と私の感想をご紹介しますね。

海野先生DVD(第1弾)目次

DVD第1弾目次
  • レッスン1:ごあいさつ
  • レッスン2:左手と右手の決まりごと・黒い鍵盤
  • レッスン3:楽しく手拍子、リズムって?
  • レッスン4:指の使い方を学ぼう
  • レッスン5:和音を使って両手で弾いてみよう
  • レッスン6:スキップのリズムと休符について
  • レッスン7:ベートーヴェン「第九」を弾いてみよう
  • レッスン8:タイって?とっても便利な記号の話
  • レッスン9:「ジュピター」を弾いてみよう
  • レッスン10:五線に収まりきらない音が出てきたら?

第1弾レッスン1(2分30秒)

ピアノ dvd 海野

◆テーマ
「ごあいさつ」

◆レッスン概要
最初に先生のご挨拶と自己紹介からスタートです。

「今日はご挨拶と、今回あなたがチャレンジする曲をご紹介します」と、ピアニストの海野真理先生がにこやかに話されます。

続いて、第1弾の課題曲2曲のさわりを弾いてくださいました。

・ベートーヴェン作曲「歓びの歌」
 「第九」で有名な曲ですね。

・ホルスト作曲「ジュピター」
 平原綾香さんでおなじみの曲ですね。

海野先生のピアノ、素敵な音色です。でもこれらは、この第1巻のDVDが終わるときには私たちもマスターできているはず!?

夢と希望が膨らみます。頑張りましょう♪

さて、今回のレッスンは先生のご挨拶と模範演奏で終わり。第1回ということでひとまず短時間にしてあるのでしょう。

最後に、「テキスト5~22ページまでを読んでおいてください。きっと私のお話もわかりやすくなります」と海野先生。

さりげなく次回までの宿題(?)が出されましたね。ひとまず読んでからレッスン2に進もうと思います。

◆管理人の感想
小学生の時に3ヶ月で挫折した管理人。両手で弾いている先生の姿をみて、「私にも弾けるようになるのかしら?」と思ってしまいました。汗

先生はそんな私の気持ちを見透かしたかのように「DVDと教本で学べばあなたも弾けるようになります」とキッパリ。

う~ん、不安と期待が入り混じった感覚です。でも、なんといってもレッスン初日ですからね。30日後が楽しみです!

ちなみにですが、先生はピアノの名器、スタンウェイ(Steinway & Sons)で演奏されていました。音色がやわらかく気品がある感じがします。スタンウェイの音色でレッスンを受けられるとは嬉しいですね。

それから、毎回の終わりに次回の範囲を教えてもらえるので、スキマ時間に軽くでもテキストに目をとおしてから次回のレッスンを視聴するとわかりやすくなります。

第1弾レッスン2(5分15秒、テキストP7~22)

ピアノ dvd 海野

◆テーマ
「左手と右手の決まりごと、黒い鍵盤のお話」

◆レッスン概要
基本的な「楽譜や音のしくみ」について学びます。

・ドレミ(音階)
・ト音記号のしくみ
・ヘ音記号のしくみ
・白い鍵盤と黒い鍵盤
・シャープとフラット

このような専門用語についてまずは「知る」ことから始めます。

いきなり専門用語が並んでしまいましたが、テキストでは「楽譜が読めない」そんな人でも理解しやすように図解を多用して解説されています。

・救急車の遠ざかる音は♭(フラット)
「シャープとフラット」の説明では、ナント「救急車のピーポー音」を使って身近な例で解説されていました。

救急車が近づく時のピーポー音は楽譜上で「シーソーシーソー」。目の前を通り過ぎる瞬間に低い音に切り替わって聞こえますが、それが半音下がった音(フラット)。だから遠ざかる時の音は「シ♭ーソ♭ーシ♭ーソ♭ー」なんだそうですよ!

◆管理人の感想
テキストを見て何よりも良かったのは「文字が大きい」こと。そして、解説がまるで海野先生が目の前で話してくれているかのような「話し言葉」で書かれていること。これなら頭が固い私でも読み進められそうと感じました。

また今回はテキストP7~22まで15ページ分の範囲ですが、DVD解説はたった5分です。たった5分のDVD解説を見ただけでテキストの内容がさらに簡単に思えてきました。百聞は一見に如かずを実感しました。

次回は「音の長さ」のお話で、次回を乗り越えるといよいよピアノデビューとのこと。つまり、レッスン4回目にピアノデビューということですね。ワクワクしてきました♪

第1弾レッスン3(7分55秒、テキストP23~31)

ピアノ dvd 海野

◆テーマ
「楽しく手拍子。リズムって?」

◆レッスン概要
手を叩いて学びます。リズムの知識を一気に吸収できる回です。

・四分音符
・八分音符
・16分音符
・二分音符
・全音符

などについて体でわかってきますよ。

◆管理人の感想
今回は音の長さについて一気に学びました。

実際に私も手を叩いたりして、4分音符、八分音符、16分音符の長さを確かめましたよ。手を動かすと見ているだけよりも、よく覚えられた気がします。

ただ、今回は頭で考えたりしたので今までより脳疲労が(汗)。この程度で脳疲労なんて言っていたら先が思いやられますが・・・。

さて次回は始めてピアノを弾きます。楽しみだな~。

第1弾レッスン4(11分20秒、テキストP32~41)

ピアノdvd 教材

◆テーマ
「指の使い方を学ぼう」

◆レッスン概要
今回からいよいよ本格的にピアノを弾いていきます。ピアノを弾きやすくするためにいくつかのルールを学んでいきます。

・指の使い方のルール
・ピアノに座る位置、座り方、構え方
・「カエルのうた」を1曲弾いてみよう

「カエルのうた」には、今まで習った四分音符、二分音符、八分音符も出てくるので、ちょうとよい復習もできます。

◆管理人の感想
レッスン4回目にして初めてピアノに触れました。いよいよ本格的になってきてワクワク状態。

まずは指使いについてルールを学びます。楽譜上の指番号についても理解できました。

いよいよピアノを弾いていきます。椅子の座り方や指の構え方からレクチャーがありました!これならピアノを初めて弾く人も迷いがないでしょう。

そして簡単な曲ということで、テキストの譜面を見ながら「カエルのうた」を右手だけで弾いていきます。

誰もがよく知っているであろうカエルのうた。音階は簡単でドレミファソの5音までしか使わないので、指をくぐらせる必要もありません。

海野先生もここではゆっくり丁寧に教えてくださいますし、譜面に指番号も振ってあるので、初めての人でもおそらく弾けます。

ある意味、このカエルのうたがピアノで弾いた最初の1曲となる人もいるかもしれませんね!

そうそうカエルのうたの中には、今までに習った、四分音符、二分音符、八分音符の3種類も出てきて、一気に復習できてしまうんです。

う~ん、カエルの歌ってこのレッスンになんてぴったりな曲なんでしょう。選曲が素晴らしい!とへんなところに感動してしまいました。

さて、次回は早くも「両手弾き」とのこと。ここにきて、本当に本格的になってきた感じがします。楽しみです。

第1弾レッスン5(5分30秒、テキストP42~44)

ピアノdvd 教材

◆テーマ
「和音を使って両手で弾いてみよう」

◆レッスン概要
今回はカエルのうたをグレードアップして両手で弾けるようにします。その中で習うのが次のこと。

・左手で和音
・両手にチャレンジ「カエルのうた」

カエルのうたは、右手は前回のレッスン4で習ったメロディーを、左手はドミソの和音を2分音符で最後まで繰り返します。

はい、これでカエルのうたが両手で弾けるようになりました!
初めての両手弾きで感動する人もきっと多いでしょう。

なお、DVDの中で海野先生は「最初はゆっくりでかまいません。うまく弾けなくてもいいのです。せっかくなので楽しんで両手で弾けたという喜びを感じながら弾いてみてください」とおっしゃっていました。

また「何度か弾いていくうちにあなたもスラスラ弾けるようになります」とも。この一言に救われますね。

◆管理人の感想
カエルのうたは、右手はメロディーを弾いていきますが、左手は一つのドミソの和音を繰り返すだけ。はい、これで両手弾きの完成!

でも中には、初めての両手弾きなのであわててしまう人がいるかもしれません。

海野先生もおっしゃっているように、とにかく楽しむこと、そして繰り返していくうちに弾けるようになります。

両手でうまく弾けない場合でも、ぜひあわてずに「DVDを見る⇒ピアノを弾く」を繰り返してみましょう。

次回は、今までよりもステップアップするとのこと。ついていけるかちょっと心配になってきました。

予習の範囲がP45~53までとのことなので、まずは自分なりに良く予習をしてからレッスン5のDVDを見ようと思います。

第1弾レッスン6(5分33秒、テキストP45~53)

ピアノdvd 教材

◆テーマ
「スキップのリズムと休符について」

◆レッスン概要
今回はワンランク上のルールについて学びます。

・付点音符
「ターンタターンタ」というスキップのリズム。この最初の「ターン」という中途半端な長さは付点音符を使います。

付点音符は「その音符とその半分の音を足した長さ」のこと。例えば四分音符の横に「・」がついた「付点四分音符」は、「四分音符+八分音符」の長さということになります。つまり、その音符の1.5倍の長さなのですね。

・休符
休符について、今までは音を出す記号を学習してきましたが、休符は音を出さない記号なのです。

休符は、四分休符、八分休符、16分休符というように、音を出す音符と同様、休む長さに応じていくつか種類があります。

・休符が入った「カエルのうた」
レッスン4の「カエルのうた」の譜面をよくみると、この時は休符がないパターンでした。

今回は、休符が入った譜面になっていて、四分休符が入ったカエルの歌を弾くと、曲にメリハリが出ることがわかります。曲の感じも楽しそうになりました。

次回からは、レッスン第1弾の課題曲に入っていきます。
まずはベートーベンの「第九 歓びのうた」です

◆管理人の感想
カエルの歌が休符が入るとメリハリが出ることを実感。音楽でも、休むことは大切なんですね。

いよいよ次回からは課題曲の「第九」に入るとのこと。本当にワクワクです。その前に、今まで学んだ部分をさらっと復習しておこうと思います。なんといってもこの年になると忘れっぽくなってきていますからね(笑)。

第1弾レッスン7(10分53秒、レッスン楽譜「第九」前半)

ピアノdvd 教材

◆テーマ
「ベートーヴェンの第九を弾いてみよう」

◆レッスン概要
今回から本格的なレッスンのスタート。課題曲1曲目のベートーヴェン作曲「第九 歓びの歌」のレッスンです。

海野先生による編曲で、楽譜では全16小節になっています。レッスンでは、更に前半8小節と、後半8小節とに分け、今回は、その前半8小節のレッスンになります。

・4小節ごとに両手弾きマスター!
曲の練習方法について、よく右手だけで1曲最後まで弾けるようになてから、その後に左手を全部といった練習をする人もいますが、海野先生の場合は違います。

海野先生の指導方法は、4小節ごとに両手で弾けるようになるレッスン方法です。

具体的には、4小節単位で「右手⇒左手⇒両手」とレッスン。これができたら、次の4小節に進む。そんなやり方です。

短い単位でも両手で弾けるようにしながら進めた方が弾いていても楽しいですし、曲の雰囲気もつかみやすい。少しずつでも曲の形が見えてくるので弾いていて楽しいですとのこと。

・海野先生からのアドバイス
どうしても音をひとつづつ読んでしまいがち。それよりも、楽譜全体を眺めて全体的に雰囲気をつかんだ後、細かく始めるとよいとのことでした。

◆管理人の感想
海野先生の指導方法では、4小節単位で「右手⇒左手⇒両手」と練習し、少しづつでも早い段階から両手弾きできる部分を順々にふやしていくスタイルでした。

私が小学生の時に習ったのは、1曲通して右手、それができたら左手、最後に両手のスタイルでしたので、目からうろこ。

確かに少しずつ両手弾き部分ができてくると目に見えて完成部分が積み重なっていきます。練習にハリが出て楽しくなりそうです。

第1弾レッスン8(15分05秒、レッスン楽譜「第九」後半)

ピアノdvd 教材

◆テーマ
「タイって?とっても便利な記号の話」

◆レッスン概要
課題曲の「第九 歓びの歌」を最後まで弾きます。

・前回のおさらい
第九は全16小節を2回に分けてのレッスンで、まずはレッスン7で練習した前半8小節のおさらいからスタートです。

・9~12小節
次に本日の後半8小節に入りますが、まずは最初の4小節(9~12小節)に取り組みます。

「右手⇒左手⇒両手」と進みますが、ここは山場の11~12小節部分をそれぞれ集中的にレッスン。

右手は特に12小節目が細かく動くので先生も丁寧に説明されています。

左手では、11小節目にソ#(臨時記号)があります。また12小節目は、右手同様に左手も動きますので、両手で合わせる時に一番難しい部分かもしれません。両手でつかえずに弾けるように要練習です。

・タイ
新しくタイの記号が登場です。12小節目右手の最後の1音(ミ)が、13小節目の最初の1音(ミ)とタイで結ばれています。

・13~16小節
既に学んだ5~8小節と同じですので問題ありません。

・全体
最後に通しで模範演奏があります。

これで「第九歓びの歌」のレッスンは終了。

1曲目の課題曲はこれで完成です

◆管理人の感想
第1弾レッスン開始から14日目で1曲弾けるようになりました!練習は、所要のために毎日練習できず、ほぼ2日に1回位の割合になってしまいました。それでも2週間で1曲完成できてすっごく嬉しいです。ただ11~13小節部分はちょっとまだ使え気味。もっとスラスラ弾けるように練習しておこうと思います。

第1弾レッスン9(18分11秒、レッスン楽譜「ジュピター」)

ピアノdvd 教材

◆テーマ
「ホルストの惑星より「ジュピター」を弾いてみよう」

◆レッスン概要
課題曲2曲目「ジュピター」に入っていきます。
今回も、前半・後半の2回にわけてのレッスンで、今回は前半部(最初の8小節」についてです。

一度通しで先生の模範演奏があります。前回の第九より、かなりステップアップした感じがします。曲も長いですが、とても素敵です。

・アウフタクトについて
ジュピターの出だし「ミソラー」は、1拍目から始まっていません。このような出だしを「アウフタクト」というのだそう。

・レッスンは4小節ずつ両手弾きを完成させる
いつものように「右手⇒左手⇒両手」の順に練習して合わせていきます。

最後に通しで模範演奏があります。

◆管理人の感想
課題曲2曲目のジュピター。今回は前半部分だけでしたが、DVDのレッスンは18分超と所要時間もけっこうかかりました。

でも、アウフタクトや指使いに注意すれば、なんとかいけそうな感じがしてきました。

さて、次回は後半部分。そして第1巻の最終回です。ちゃんと終わりにできるか、1曲を弾けるようになるか期待と不安が入り混じっています。

第1弾レッスン10(26分50秒、レッスン楽譜「ジュピター」)

ピアノdvd 教材

◆テーマ
「五線に収まりきらない音が出てきたら?」

◆レッスン概要
課題曲2曲目「ジュピター」、今回は後半部分。そして最後まで完成させる回です。

・前回のおさらい
ジュピターは全16小節を2回に分けてのレッスンで、まずはレッスン9で練習した前半8小節のおさらいからスタートです。

・後半部分(8小節目4拍目から)
いよいよ曲の最後、後半部分に入ります。少しずつ音が高くなっていき、サビに入っていきます。

サビはうまく弾けると気持ちいいです。これがスムーズに弾けるようになればいいですね。

・加線
五線譜に収まりきらない音が出てきました。この場合、横線を追加してそこに音符を書いていきます。すぐに何の音かを把握するのはちょっと難しいです。

慣れないうちは、数えていくしかありません。海野先生も最初は数えてたとのことで、それを聞いて少し安心しました。

◆管理人の感想
第1弾、やっと終わりました!最後のこの回は、26分となかなかしんどかったです。

今回私はひとまず見るだけ見て、すぐにピアノに向かい、何度か練習しました。

実際に練習してみると指使い等再度DVDを見て確認したい部分が出てきたのですけど、これは明日にしようと思います。

完璧に仕上げるには3日くらいかかりそうです。逆に言うと、あと3日で2曲目が仕上がります。

完成目指してもう少し頑張ります!

<追記>
あれから3日間、スキマ時間に練習してなんとかマスターできました!

苦手だったサビの指使いの部分を何度も練習。最初はつっかえつっかえでしたが、何度も繰り返すうちにどうにかスムーズにいくようになりました。

というわけで、課題曲「ジュピター」は21日で完成です!

同時に第1弾はスタートから21日で卒業したいと思います。

パチパチパチパチ(笑)。

海野先生のピアノDVD教材「第1弾」体験レビューまとめ

海野先生の【ピアノ3弾セット】を購入し、最初の「第1弾」を終了しましたので、ひとまずまとめておきたいと思います。

第1弾を終了した結果、ピアノ初心者で50代中高年の私でもピアノが弾けるようになりました!具体的にはこんな感じです。

◎レッスン開始14日目で「歓びの歌」をマスターできた!
◎レッスン開始21日目で「ジュピター」をマスターできた!

家事や仕事もあって毎日練習できませんでしたが、それでも30日を待たずに21日で第1弾をマスターできました!

終わってみれば、小学生の時は難解だった専門用語もいつの間にか覚えられていました。また、知らず知らずのうちにピアノも両手で弾けるようになっていました(もちろん、簡単なアレンジだからこそとは思いますが)。

とにもかくにも、中高年でピアノ初心者の私でも、たった21日で2曲も弾けるようになったのです!今はスタート時点より、さらにワクワク度が増しています。笑

「もっとうまくなりたい」
「レパートリーを増やしたい」
「夫をびっくりさせたい!」

現在の私はそんな気持ちでいっぱいです。
引き続き第2弾に進んでいこうと思います!

ひとまず、海野先生ありがとうございました。
第2弾もよろしくお願いします♪

【かのん特典】当サイト限定「3弾セット」購入者プレゼント

当サイトの【かのん特典付】リンクを経由して、海野先生の「ピアノ3弾セット(第1・2・3弾セット)」をご購入頂いたあなたに、無料プレゼントがあります^^

販売元のグッドアピールさんからいただきました!

【かのん特典】「3弾セット」購入者様へのプレゼント
ピアノ かのん 特典

プレゼントは、誰もが口ずさめる大人にも人気の童謡、

・「大きな古時計」
・「ふるさと」

この2曲のドレミ付き楽譜(PDFファイル)と海野先生が直接弾いている模範演奏の音源(MP3)。販売されていない貴重なものです。

一度は弾いてみたい懐かしの童謡ですよね。期間限定ですのでこのチャンスにぜひ手に入れてください。

詳しい申込み手順

「かのん特典付」の詳しい申込み手順はこちらをご覧ください。
⇒「かのん特典付で購入する方法」を見る

 

▼今なら無料プレゼント付き!▼

 
⇒【かのん特典付】海野先生の【ピアノ3弾セット】を公式サイトで見てみる